DJI Osmo Pocket レビュー

動画を撮影するときに、DJIの3軸手ブレ補正小型ビデオカメラ Osmo Pocket(オズモポケット)を使っています。この記事では、実際に撮影した映像や製品写真、使ってみた感想などをお伝えします。

Osmo Pocketで撮影した映像

スチル以外、動画の部分はすべてOsmo Pocketで撮影しました。
解像度は4K、フレームレートは30fpsです。



初めに : microSDカードは別売、アクティベーションを行う

Osmo Pocketの記録媒体はmicroSDカードで、これは別売です。

購入したらまず初めにアクティベーション(有効化)をする必要があります。スマホでDJI MIMOというアプリをダウンロードし、利用規約への同意、アカウントの登録などを行います。

このアクティベーションは、ガラケーやパソコンでは操作を行うことができません。スマホが必要です。



同梱されているもの

ケース
本体
説明書
ストラップ
USB-Type-C-USBケーブル
Androidスマホ接続用USB-Type-C端子
iPhone接続用Lightning端子



製品写真

自撮りモード。

レンズは35mm判換算で26mm。手を伸ばしての自撮りにはやや狭いけれど、通常の撮影では使いやすい焦点距離だと思います。

液晶はタッチパネルになっていて、様々な設定をこの小さな画面で行います。



側面。



この側面のボディ下部にmicroSDカードスロットが見えます。



液晶パネルとは反対の面。



底面。

USB Type-Cポートが見えます。充電、パソコンとの接続などに使います。



画質

4Kでの撮影ができます。4Kで撮影した映像を大きなディスプレイで確認すると高精細だと感じます。センサーが 1/2.3インチ CMOS ということで小さいし、レンズも小さいのですが、日常を気軽に撮るぶんには良く写ると思います。

50Hz/60Hzの切り替えが可能で、フリッカー(照明のちらつき)を防止することができます。



撮影モード

フォローモード

フォローモードでは、手の動きに合わせてレンズもゆっくりその方向を向きます。
カメラを上下に向けたり、左右に向けたりもでき、多くのシーンで使用できるモードです。



チルト固定モード

チルト固定モードでは、本体を上下に向けてもレンズは正面を向いたまま固定されます。仰ぎ見たり見下ろしたりということはできません。

ウォーキングのときに使うといいと思います。他には電車やバスからの眺めを撮るときに、レンズがあちこち向かずいい感じで撮影できます。


FPVモード

FPVモードでは、臨場感のある映像を撮ることができます。ジンバルが自由に回転するため、スピード感が出ます。アクションカメラとしての使い方に適しています。





Osmo Pocketは、電源ボタンを2回連続で押すとレンズが正面を向きます。3回連続で押すと自撮りができます。3つの撮影モードと合わせて覚えておくと便利です。



3軸手ブレ補正

3軸ジンバルによる手ブレ補正が強力です。レンズは上下方向、左右方向、水平のバランスの3軸で手ブレを補正。手ブレ補正なしでただカメラを持って撮影しただけの場合とは全く質の違う映像が撮れます。

DJIはドローンを作っている会社です。ドローンからの空撮映像をご覧になったことはありますか。ドローンは空を飛びながらブレずに安定した映像を作り出します。その技術がOsmo Pocketにも活かされているのです。



圧倒的なコンパクトさ

とても小さく重さも116gと軽いので、気軽に持ち出せて、片手で簡単に撮影できます。

こんな小さな液晶画面で何を撮っているかわかるの?と思われる方もあるかもしれません。確かに計算し尽くした構図というのは難しいです。だけど、個人的には何を撮っているか「だいたいわかる」感じがしていて、液晶画面のサイズに不満はないですね。



スマホを接続して使える

本体の液晶画面が小さいと感じる場合は、スマホを接続して大きな画面で撮影することもできます。



良いところ、イマイチなところ

使って感じた良いところ、イマイチなところをまとめてみます。

良いところ

・軽量コンパクトで気軽に持ち出せる。
・4Kで撮影でき高精細
・強力な3軸手ブレ補正


イマイチなところ

・ローリングシャッターなので場合により像が歪む
・きちんとした構図は作りにくい



仕様

センサー1/2.3インチ CMOS
レンズ26mm F2.0(35mm判換算)
ISO感度 : 動画100〜3200
動画解像度
フレームレート
4K 24fps 〜 60fps
2.7K 24fps 〜 60fps
FHD 24fps 〜 120fps
最大ビットレート100Mbps
記録媒体microSDカード 最大256GB
駆動時間140分(1080p/30fps撮影時)
本体サイズ121.9 x 36.9 x 28.6 mm
重量116g

DJI公式サイトはこちら。
www.dji.com/jp




最後に

以上、DJI Osmo Pocket レビュー でした。
最後までご覧いただきありがとうございました。


他にも動画関連の記事をかいています。ぜひご覧ください。
MacにAVCHDの個別の動画ファイルを読み込む方法
テレビやDVD、映画など動画メディアの画面解像度・フレームレートまとめ
Macで動画のフレームレートを確認する方法

タイトルとURLをコピーしました