シャープの洗濯機 穴なし槽 ES-GE6B 6kg レビュー

シャープの穴なし槽洗濯機 ES-GE6B 6kg について、製品写真や使ってみた感想などをお届けします。穴なし洗濯機について、よいところやイマイチなところ、口コミ、評判が気になる方の参考になればと思います。

製品写真

上面。
この画像では蓋を閉めてありますが、普段は湿気をとるために蓋を開けっ放しにしています。



手前に集められたボタン類。



これがシャープの穴なし槽!
洗濯槽が汚れにくく、汚れが洗濯物に付着しないのでとても良い造りだなと思っています。

シャープから穴なし槽洗濯機が初めて発売されたのが1992年というから、もう30年の歴史があるんですね。



据え付けてある様子。
シンプルでかっこいいです。



穴なし 特徴 その1

特徴その1は、洗濯槽がカビない、汚れにくい、です。

上の図をご覧ください。穴なし槽は、槽の外側に水がないので、外側がカビたり、汚れたりして、それらが槽の内側に漂ってくることがありません。

それに対して、穴あり槽は、槽の外側にも水があり、外側がカビたり、汚れたりし、それらが槽の内側に入ってきて洗濯物に付着したりします。

もう4年使っていますが、洗濯物に槽の汚れがつくことはありません。この点はとても優れていると感じます。

穴なし 特徴 その2

特徴その2は、節水です。

上の図をご覧ください。穴なし槽は槽の内側だけに水が入るので、穴あり槽より節水することができます。

ES-GE6Bは一回の洗濯で(標準使用量として)80Lの水を使います。この機種に穴があったとしたら、107Lの水を使うのでかなりの節水になります。

洗濯物は綺麗に洗えるのか

洗濯物はしっかり綺麗に洗えています。高濃度洗浄という方法で洗われます。最初に水を全量注水せずいくらか控えて、洗剤が高い濃度の状態で洗い、途中から全量注水になります。洗い方に工夫がほどこされています。

脱水

シャープの穴なし洗濯機は脱水が弱いと言われています。長年使ってみて私はもう穴なし槽の脱水に慣れてしまったため、穴あり槽の脱水がどんなものだったかあまり思い出せないのですが、実感としては少し弱いのかな程度で普段はほとんどそのことを忘れています。全然気にならないといっていいです。

シャープの穴なし槽の脱水で、脱水が終わったあと洗濯物を手で搾ると水が滲んでくるなどといったことはないので、安心してください。充分脱水できています。

脱水のしすぎはシワになるから、と思って穴なし槽の脱水でよしとしています。

稼働音

稼働音ですが、動き始めから脱水が終わるまでは、とくに気になりませんが、脱水のあとほぐし運転というのがあって、その運転音が少し大きいかなと思います。

手入れ

洗濯物に汚れが付着することがないから、あまり洗濯機の手入れをしていないというのが実情です。たまに糸くずフィルターに溜まったゴミを取り除くくらいです。

毎日少量の洗濯をするばかりなので、洗濯槽の内側の上の方に汚れがついてくるときがあります。洗濯槽で水に浸かっていない部分ですね。これは年に1回くらい洗剤をつけて掃除しています。

あと糸くずフィルター周辺も汚れてくるので、気になったらたまに掃除しています。

洗濯が終わったあと、いつも蓋を開けておくようにしています。そうすれば湿気がこもらずにすむかなと思っています。

糸くずフィルター

ES-GE6B の糸くずフィルターは、ES-LP1 抗菌・防カビ仕様 です。

仕様

洗濯脱水容量6kg
標準使用水量80L
外形寸法W 565mm x D 535mm x H 898mm
質量31kg

さらに詳しい仕様はメーカー公式ページをご覧ください。
SHARP ES-GE6B 仕様/寸法

まとめ

シャープ穴なし洗濯機 ES-GE6B よいところ

・洗濯槽がカビない、汚れにくい
・洗濯物に汚れが付かない
・節水


イマイチなところ

・脱水が弱め
・ほぐし運転時、音が気になる


よいところ、イマイチなところをまとめるとこんな感じです。洗濯槽がカビない、汚れにくい、そして、洗濯物に槽の汚れがつかないという点がとても評価できます。使っていて槽の汚れに悩まずにすむのでとても良い買い物をしたと思っています。


他にも家電のレビューを書いています。よろしければそちらもどうぞ!
日立エアコン 白くまくん RAS-A22F(W)レビュー
この小型冷蔵庫静かです アントビー AB-20L Peltism shijima

以上、シャープの洗濯機 穴なし槽 ES-GE6B 6kg レビュー でした。
最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました